Photo: Wolfganf Volz

Tokyo Festival Program

クリスト ウォーキング・オン・ウォーター

by クリスト

  • アートプロジェクト
  • オンラインプログラム
  • 映像
オンライン

日程:9月17日(金)〜9月27日(月)

場所:オンライン配信

言語:英語(字幕:日本語)

監督:アンドレイ・M・パウノフ
出演:クリスト

巨大なアートプロジェクトを実現させた、情熱と努力のリアルな記録

建造物を布で梱包したり、もとの風景を一変させるインスタレーションを制作するなど、大規模な屋外プロジェクトで知られるクリストと妻のジャンヌ=クロード。2009年に妻を失った後、クリストは70年代に二人で企画したプロジェクトの実現に動き出す。 公的な助成も企業の支援も受けず取り組むのは、北イタリアの湖に巨大な布を敷き、その上を歩くという計画。イメージボードやドローイングに向き合う芸術家の姿、その理想と現実をめぐるチーム内での混乱、行政機関や地域住民との粘り強い交渉までをつぶさに追った本作は、人々の記憶と限られた写真のほかには痕跡を残さなかった彼らの活動の貴重な記録であり、プロジェクト型アートを進めるヒントにも富んでいる。

解説映像

時間

104分

視聴方法

視聴券:1,500円
発売日:8月29日(日)一般発売
視聴券取扱:Vimeoオンデマンド(VOD)
https://vimeo.com/ondemand/christowalkingonwater

*配信、決済にはVimeoオンラインを利用しております。ご視聴にはVimeoの無料会員登録が必要となります
*ストリーミングでのご視聴となります。お支払い後、視聴期限内にご鑑賞ください。作品映像をダウンロードすることはできません
*視聴期限は、ご購入手続き完了メールが到着後、「今すぐ鑑賞」ボタンを押してから72時間以内です
*この作品は日本国内でのみ視聴可能です

プロフィール

Photo: Wolfganf Volz

クリスト

1935年6月13日、ブルガリア・ガブロヴォ生まれ。2009年に亡くなった妻ジャンヌ=クロードと共に世紀を跨ぎ、目にした瞬間に息を呑むような芸術作品を発表してきた。布で建築物を包んだり、布をつかった独自の構造物を景観の中に展開する作品は、見慣れた都市や郊外の空間を一変させるものだ。オブジェやドローイング作品は、ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館、ロンドンのテートギャラリー、パリのポンピドゥーセンターなど世界中の美術館に展示されている。2020年5月31日、死去。

スタッフ

製作:イザベラ・ツェンコワ
   ヴァレリア・ジャンピエトロ
監督:アンドレイ・M・パウノフ
音楽:ダニー・ベンジー
   ソンダー・ユリアーンス
編集:アナスタフ・ペトコフ

協力:株式会社アイ・ヴィー・シー

配信コーディネート:戸田史子、宮内奈緒(arts knot)
アドバイザー:西尾祥子(arts knot / (株)システマ)

主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)〕

助成:令和3年度文化庁国際文化芸術発信拠点形成事業

問い合わせ

東京芸術祭事務局
TEL: 050-1746-0996(平日10-18時)