Photo: 安藤理樹

Tokyo Festival Program

野外劇 ロミオとジュリエット イン プレイハウス

  • 演劇

日程:10月15日(金)~10月17日(日)

場所:東京芸術劇場プレイハウス

言語:日本語

野外劇『ロミオとジュリエット』について場所、日程等変更がありました。
詳しくは下記ニュースページをご覧ください。2021/9/4(土)更新

https://tokyo-festival.jp/2021/info/2503/


作:ウイリアム・シェイクスピア
訳:松岡和子
上演台本・演出:青木豪

出演:
阿久津仁愛 川原琴響 
谷田奈生 塚越健一 みしまりよ 柳内佑介
齋藤千裕 近藤 廉 末次由樹 友田宗大
井上 平 滝本 圭 河口勇太朗
明樂哲典

その扉の先に待つのは、幸いか、悲しみか

劇場を「ひらく」アクションとして、ワンコインで観劇することが出来る高品質な演劇、をコンセプトとして上演してきた東京芸術祭の野外劇、4年目となる今年は、シェイクスピア作・松岡和子訳の「ロミオとジュリエット」を上演します。
演出は昨今様々な話題作を手掛け、バラエティに富んだ作風に定評のある青木豪を迎え、総応募者945名のフルキャストオーディションで選ばれた出演者14名でお送りします。
今回の「ロミオとジュリエット」のコンセプトは、「女系一家・モンタギューvs 男系一家・キャピュレット」。ロミオを筆頭にモンタギュー家の配役を女性が、ジュリエット以下キャピュレット家の配役を男性が、それぞれ演じます。
会場は野外劇のコンセプトが新型コロナウイルス感染拡大につながる恐れがあるため、東京芸術劇場プレイハウス。舞台を中世のイタリア・ヴェローナから近未来の池袋に移して繰り広げられる、若い生命が煌めく悲劇を、ぜひ皆様ご堪能ください。

上演スケジュール

 

10/15

(金)

10/16

(土)

10/17

(日)

13:00

14:00

 

18:00

 

19:00

 

 

10月15日(金)14:00  19:00
   16日(土)13:00  18:00
   17日(日〉13:00

*受付開始は開演60分前、開場は開演30分前(予定)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
新型コロナウィルス感染拡大防止の対策を講じたうえで、本公演を開催いたします。ご来場の際は必ず東京芸術祭WEBサイト内の下記ページをご覧ください。
▶東京芸術祭コロナ対策ページ

・マスクの常時着用をお願いいたします。
・37.5度以上の発熱がある方や体調不良が認められる方等は当日ご入場をお断りする可能性がございます。予めご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

アクセシビリティ

・車いす席
※車椅子で観劇をご希望の方は東京芸術祭実行委員会事務局までお問い合わせください。

言語

日本語

チケット情報

チケット料金 :500円(全席指定・税込
※チケット料金のほかに別途手数料がかかります。

*未就学児を連れてのご入場はご遠慮ください。
*ロビー・客席内でのお客様同士の会話は、お控えください。
万が一来場者から感染者が発生した場合の緊急連絡先をお聞きするため、チケットのお申し込みはお一人様1公演につき1枚までとさせていただきます。
本公演のチケットは主催者の同意のない譲渡が禁止されています。
本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。予めご了承くださいませ。
*車椅子で観劇をご希望の方は東京芸術祭実行委員会事務局までお問い合わせください。

*当日は記録・広報用に写真、並びに動画撮影をいたします。撮影素材は報告書や公式ウェブサイトのほか、広く広報活動に使用させていただきます。また、報道社による写真や動画撮影の可能性もございます。予めご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。

発売日:2021年9月12日(日)10:00

【チケット取扱い】
・東京芸術祭チケットセンター https://tokyo-festival.jp/2021/ticket/
・東京芸術劇場ボックスオフィス https://www.geigeki.jp/t/
TEL 0570-010-296(10:00-19:00(休館日を除く))
・チケットぴあ https://t.pia.jp/ TEL 0570-02-9999(Pコード:508-088)

会場

東京芸術劇場 プレイハウス

プロフィール

青木 豪 (あおき・ごう)

1967年生まれ、神奈川県出身。
「演劇集団円・演劇研究所」卒業後、97年に『アフタースクール』で「劇団グリング」を旗揚げ。以後14年の解散まで全18公演の作・演出を務める。現在はプロデュース公演や他劇団へと、バラエティに富んだ作品を提供する。2009年に脚本を手がけたHTB スペシャルドラマ『ミエルヒ』で第47回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、10年NHK-FM シアター『リバイバル』でABU 賞受賞、11 年の『往転- オウテン』の演出で第66回文化庁芸術祭新人賞を受賞している。12年9月から13年7月まで、文化庁新進芸術家派遣制度によりロンドンに留学。17年には『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』で歌舞伎に新作を書き下ろし、18年春には劇団四季の新作海外ストレートプレイ『恋におちたシェイクスピア』の演出を担当するなど、その活動は多岐にわたっている。近年の主な舞台作品に『両国花錦闘士』(作・演出、20年)、『銀河鉄道の父』(演出、20年)、『十二夜』(演出、20年)、音楽劇『星の王子さま』(脚本・作詞・演出、20年)、『相対的浮世絵』(演出・19年)、椿組『芙蓉咲く路地のサーガ~熊野にありし男の物語~』(脚本・演出、19年)、音楽劇『マニアック』(作・演出、2019年)など。

スタッフ

音楽:寺田英一  美術:杉山至
音響:青木タクヘイ  照明:杉本公亮
衣裳:髙木阿友子   ヘアメイク:馮啓孝
殺陣指導:明樂哲典  振付:皇希
宣伝美術・DJ:安藤理樹
アンダースタディ:中嶋尊望、森山真衣
舞台監督:松下清永
演出助手:岸京子
制作:北川大輔、鄭慶一、ヲザキ浩実(東京芸術祭)、宍戸円(東京芸術祭)

主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)〕

令和3年度文化庁国際文化芸術発信拠点形成事業

問い合わせ

東京芸術祭野外劇事務局
03−6903−3652(平日10時〜15時)
tf2019.outdoor@gmail.com

チケットのお問合せ
東京芸術祭実行委員会事務局
050-1746-0996(平日10時~18時)