Tokyo Festival Program

としまおやこ小学校

by YORIKO

  • アートプロジェクト

日程:11月13日(土)〜12月5日(日)(毎週土日)

場所:あうるすぽっと3F 会議室B

言語:日本語

親子、ときどき同級生。多世代で笑い学び合う、期間限定の小学校。

美術家YORIKOが2016年〜2017年に香川県高松市、2019年には東アジア文化都市2019豊島・舞台芸術部門/アトカル・マジカル学園事業として実施し、多くの反響と感動を呼んだ『おやこ小学校』が今年も豊島区内で開校します。あうるすぽっとの会議室を教室に変身させ、親子が同級生となって遊んで学ぶ期間限定の「小学校」です。教壇に立つのは様々な仕事人や地域のスペシャリスト。普段の学校とはちょっと違う、親子で熱中できるユニークな授業を展開。家族の新しい一面が見える、楽しい交流の場を1ヶ月にわたり創出します。

スケジュール

11月13日(土)〜12月5日(日)※毎週土日
10:00~12:00
14:00~16:00

各回30分前受付開始

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
新型コロナウィルス感染拡大防止の対策を講じたうえで、本公演を開催いたします。ご来場の際は必ず東京芸術祭WEBサイト内の下記ページをご覧ください。
▶東京芸術祭コロナ対策ページ

・マスクの常時着用をお願いいたします。
・37.5度以上の発熱がある方や体調不良が認められる方等は当日ご入場をお断りする可能性がございます。予めご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

チケット情報

1授業につき1人500円(材料費・保険代込み)

申込方法:
※詳細は9月下旬にあうるすぽっとホームページにてお知らせいたします。
10月予約開始予定

会場

あうるすぽっと3F 会議室B

プロフィール

photo:Ryoma Suzuki

YORIKO

1987年埼⽟県⽣まれ、株式会社ニューモア代表・コミュニケーションデザイナー。様々な地域で「多世代・多業種の協働」をテーマに住⺠参加型のデザイン・アートプロジェクトに取り組む。「⼤地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」「東京芸術祭2020」などに参加。そのほか、自社事業として障害福祉×デザインのチーム「想造楽工」の企画運営を行っている。

制作:一般社団法人アヒルタイガ社
主催:(公財)としま未来文化財団/豊島区/東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)〕/(株)ニューモア
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

問い合わせ

公益財団法人としま未来文化財団 事業企画第2課
TEL:03-5924-6611(平日10:00~17:00) 
FAX:03-6912-7922