Tokyo Festival Program

The New Gospel – 新福音書 – 

by ミロ・ラウ

  • オンラインプログラム
  • 映像
  • 演劇
オンライン

日程:11月13日(土)〜11月28日(日)

場所:オンライン配信

言語:イタリア語/フランス語/英語(字幕:英語/日本語)

作・監督:ミロ・ラウ
プロダクションカンパニー:
フルーツマーケット・アーツ&メディアGmbH
ラングフィルム/ベルナルド・ラングAG

現代に問いかける、連帯と革命のための受難劇

演劇を用いて現実に起きた事件や事象と向き合う劇作・演出家、ミロ・ラウ。映画監督、ジャーナリストとしても活動する彼が、パゾリーニやメル・ギブソンがキリストの物語を撮ったロケ地・南イタリアのマテーラを舞台に、今日的な「福音」の映画をつくりあげた。 キリストを演じるのは、カメルーン出身の政治活動家イヴァン・サグネ。マテーラでは農場労働での搾取を始め、多くの移民が非人道的な扱いを受けており、映画では、サグネと移民たちが参画する人権運動「尊厳の反乱」の様子と、彼らと一般市民、俳優らが演じるキリストの受難の物語とが併行して描かれる、現代文明とそこに生きる者の人間性とを鋭く問う、町ぐるみの受難劇。

上映時間

105分

視聴方法

視聴券:1,500円(税込)
発売日:8月29日(日)
視聴券取扱:Vimeoオンデマンド(VOD)


*配信、決済にはVimeoオンラインを利用しております。ご視聴にはVimeoの無料会員登録が必要となります
*ストリーミングでのご視聴となります。お支払い後、視聴期限内にご鑑賞ください。作品映像をダウンロードすることはできません
*視聴期限は、ご購入手続き完了メールが到着後、「今すぐ鑑賞」ボタンを押してから72時間以内です
*この作品は日本国内でのみ視聴可能です

プロフィール

Photo: Hannes Schmid

ミロ・ラウ

ミロ・ラウは、演出家、作家であり、NT ヘント(ベルギー)の芸術監督。パリ、ベルリン、チューリッヒで、社会学、ドイツ語、ロマンス語と文学を学ぶ。批評家からは「もっとも影響力のある」(Die Zeit)、「もっとも受賞歴の多い」(Le Soir)、「もっとも興味深い」(De Standaard)、「もっとも物議を醸す」(La Repubblica)、「もっともスキャンダラスな」(New York Times)、「もっとも野心的な」(The Guardian)現代の芸術家であると評される。2002 年以降、50 本以上の戯曲、映画、書籍、アクションを発表し、数々の賞を受賞。彼の演劇作品はあらゆる主要な国際フェスティバルで上演され、世界30ヶ国以上をツアーしている。彼の映画作品(『Die letzten Tage der Ceausescus (チャウシェスク最後の日々)』『Hate Radio』『Die Moskauer Prozesse(モスクワ裁判)』『Das Kongo Tribunal(コンゴ裁判)』など)は、多くの賞を受賞しており(ドイツ映画祭特別賞、チューリッヒ映画賞、アムネスティ・インターナショナル賞など)、『Das Kongo Tribunal(コンゴ裁判)』は、ドイツやスイスの映画賞にノミネートされ、「ミロ・ラウは映画界に名誉をもたらした」とチューリッヒ映画祭の審査員は述べている。監督としての活動に加え、ラウはテレビ評論家、講師、そして非常に多作な作家でもあり、これまでに15 作品を出版し、それらは英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、中国語、ノルウェー語などに翻訳されている。ラウの文学作品はドイツでもっとも権威ある文学賞のいくつかを受賞している。 
https://www.ntgent.be/

出演:イヴァン・サニェ/パパ・ラティア・フェイ/サミュエル・ジェイコブス/ユシフ・バンバ/ジェレミア・アクヘレ・オグベイデ/ムバイエ・ンディアイエ/カディル・アルハリ・ナシル/アリ・ヴィト・カストロ/マリー・アントワネット・エヤンゴ/アンソニー・ンワチュクウ/モハメッド・ソウレマン/アレクサンダー・クワク・マルフォ/ブレッシング・アヨモンスル ほか多数

マルチェロ・フォンテ/エンリケ・イラゾクイ/マイア・モーゲンスターン

声・歌:ヴィニーチョ・カポッセラ

発案・作・監督:ミロ・ラウ
プロデューサー:アーン・ビルケンシュトック/オリヴィエ・ゾブリスト/セバスティアン・レムケ
フォトディレクター:トマス・エーリヒ=シュナイダー
ドラマトゥルグ・編集:カトヤ・ドリンゲンバーグ
ドラマトゥルグ・コンセプト:エヴァ=マリア・バーチー
ドラマトゥルグ・アシスタントディレクター:ジャコモ・ビソルディ
セットデザイン・衣装:アントン・ルーカス/オタヴィア・カステロッティ
オリジナルサウンド:マルコ・トイフェン/ジュリアン・ジョセフ
サウンドエディティング:グイド・ケラー/ディター・レンガシャー
プロダクションマネジメント:エリサ・カロシ/ラリッサ・ストーン


字幕翻訳:宮内奈緒(arts knot)

配信コーディネート:戸田史子、宮内奈緒(arts knot)
アドバイザー:西尾祥子(arts knot / (株)システマ)

主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)〕

助成:令和3年度文化庁国際文化芸術発信拠点形成事業

問い合わせ

東京芸術祭事務局
TEL: 050-1746-0996(平日10〜18時)