Tokyo Festival Program

特別上映会 太陽劇団シネマアンソロジー

by 太陽劇団/アリアーヌ・ムヌーシュキン

  • 映像

※『金夢島 L’ÎLE D’OR』来日公演中止のお知らせはこちら https://tokyo-festival.jp/2021/news/373

日程:2021年10月6日(水)〜10日(日)

場所:東京芸術劇場プレイハウス

言語:フランス語上映・日本語字幕付き

※ 詳細は東京芸術劇場ウェブサイトをご覧下さい。
https://www.geigeki.jp/performance/theater295

世界的演出家ムヌーシュキン率いる太陽劇団のスペクタクルの全貌に迫る貴重映像を一挙上映!

1964年の創立以来、斬新な演劇手法で世界的注目を集めてきた太陽劇団。コロナ禍で延期となった20年ぶりの来日公演に代わり、急遽、太陽劇団の全貌に迫る貴重映像を上映する。ラインナップはドキュメンタリー映画『アリアーヌ・ムヌーシュキン:太陽劇団の冒険』(2009)に加え、そのスペクタクルを余すところなく映像化した代表作3本。2001年の唯一の来日舞台『堤防の上の鼓手』(2002)、アフガニスタンをはじめ難民たちの証言をもとに紡いだ記憶の物語『最後のキャラバンサライ(オデュッセイア)』(2006/日本初公開)、ジュール・ヴェルヌの小説から想を得て映画へのオマージュも込めた『フォル・エスポワール号の遭難者たち』(2013/日本初公開)。単なる公演記録ではなく、映像によって再構築されたこれらの作品は、舞台とは異なる手法で作品のテーマを掘り下げている。
※本編上映前にアリアーヌ・ムヌーシュキンのメッセージ映像あり(約10分)

※やむを得ない理由により実施内容に変更の可能性がありますのでご了承ください

日程

2021年10月6日(水)〜10日(日)

チケット情報

東京芸術劇場ウェブサイトをご覧下さい。
https://www.geigeki.jp/performance/theater295

会場

東京芸術劇場 プレイハウス

アクセシビリティ

障害者割引 / 車椅子席 / 聴覚障害者対応 / 託児施設あり
※未就学児入場不可

プロフィール

©Pascal Gallepe

太陽劇団

太陽劇団は1964 年にフランスで設立。“集団創作” という独自スタイルで知られ、パリ郊外のカルトゥーシュリ(弾薬庫跡)を拠点に活動している。70年に上演されたフランス革命を題材とした『1789』は斬新な表現に溢れたスペクタクルで、世界的注目を集めた。古典から現代の社会問題に切り込む作品まで幅広いレパートリーを持つ。2001 年に『堤防の上の鼓手』(新国立劇場)で待望の初来日を果たし、アジアの人形劇、特に日本の文楽のエッセンスを大胆に取り入れた作品が大きな話題を呼んだ。

© Inamori Foundation

アリアーヌ・ムヌーシュキン

1939 年パリ生まれ。59 年ソルボンヌ大学在学中に演劇集団A.T.E.P.(パリ学生演劇協会)を結成。64 年にA.T.E.P. のメンバーを中心に太陽劇団を設立。以後半世紀以上に渡り、ピーター・ブルックらと並び現代演劇の第一線で演出家として活躍している。80年代からのシェイクスピア作品、90 年代からのギリシャ悲劇の連続公演でも話題を集め、さらにアジア演劇の身体的技法を取り入れた表現でも注目を集めてきた。また映画『1789』『モリエール』といった監督作品もある。これらの長年にわたる功績が評価され、2019 年に第35 回京都賞(思想・芸術部門)を受賞した。

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場、東京芸術祭実行委員会[豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)]
助成:令和3年度文化庁国際文化芸術発信拠点形成事業

問い合わせ

東京芸術祭事務局
TEL: 050-1746-0996(平日10:00〜18:00)