「東京芸術祭 2021」プログラムラインアップ発表

  • ニュース
  • プレスの方へ

東京芸術祭実行委員会は、2021年9月1日から11月30日にかけて、豊島区池袋エリアを中心に「東京芸術祭 2021」を開催いたします。 2021年のテーマを「歴史のまばたき」とし、多種多様なプログラムを新型コロナウイルス感染症拡大防止に取り組みながら、安心安全な形での開催を目指しています。 プログラム等の事業詳細については、プレスリリースをご覧ください。

東京芸術祭 2021 開催概要

名称 :東京芸術祭2021
会期 :2021(令和3)年9月1日(水)ー11月30日(火)
会場 :東京芸術劇場、GLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)、あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター) 、東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)ほか東京・池袋エリア
主催 :東京芸術祭実行委員会 [豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)]

東京芸術祭総合ディレクター宮城聰 コメント

いま、わたしたちは「歴史のまばたき」のただ中にいます。
まばたきのあと、世界はどう見えるでしょうか。
変わったこと、変わらなかったこと。 変えるべきこと、変えてはいけないこと。
「新しくなろう」とする力と「もとに戻ろう」とする力が体の中でせめぎあうときこそ、舞台芸術が跳躍する瞬間です。

東京芸術祭総合ディレクター 宮城 聰

東京芸術祭プランニングチーム コメント

コロナ禍2年目となる東京芸術祭2021は、昨年にひきつづきオンサイト(実地)とオンライン(配信)の二軸で開催いたします。
掲げるテーマは「歴史のまばたき」。
生命の歴史からすれば、まばたきほどの一瞬かもしれないこの感染症の流行も、わたしたち人間の社会にとっては長い長い時間で、その影響も甚大です。
巨大なまばたきのさなかの暗闇で、さまざまなものが形を変えていくのだとしたら、トンネルを抜けた先にはどのような光景が見えるでしょうか。
以前と以後の世界を分ける、いまこの瞬間は、未来へ向けた準備の時間でもあります。

今年度の全プログラムの詳細は8月下旬に公開いたします。楽しみにお待ちください。

東京芸術祭プランニングチーム

プレスリリース

本件に関するお問い合わせ

東京芸術祭実行委員会事務局 担当:小倉、名取、岡野
電話:050-1746-0996 (平日 10:00-18:00)
E-mail: press@tf2021-dev3.loftwork.work