東京芸術祭ファームとは

東京芸術祭ファームは、東京芸術祭の人材育成と教育普及の枠組みです。アジアの若いアーティストの交流と成長のためのプラットフォームであったAPAF(Asian Performing Arts Farm)に、フェスティバル/トーキョー(F/T)の研究開発・教育普及事業が合流し2021年にスタートしました。
今年の東京芸術祭ファームは、研究開発を通じた人材育成のための「ラボ」と、教育普及のための「スクール」の2つのカテゴリーで様々なプログラムを実施します。「ラボ」では、他者と協働しながら地域や分野を超えた「トランスフィールド」を開拓し、今後ますます流動的になる様々なボーダーを自由に行き来して活躍する人材の育成を目指します。「スクール」では、大学生を中心とした若い観客を対象に、レクチャーの受講やトークイベントへの参加、レポート執筆など、舞台作品を通して、考え、交流する機会を提供します。

東京芸術祭ファーム ラボ ガイドライン

東京芸術祭ファーム ラボは、他者へのリスペクトを前提とし、様々な人が創造的な力を安心して発揮できるよう、このガイドラインに則って運営されます。

東京芸術祭ファーム2022テーマ
「都市をほぐす/Unlearning Cities」

「都市≠集い」
2022年の東京芸術祭ファームは「都市をほぐす/Unlearning Cities」をテーマに開催します。昨年のテーマ「都市の価値/Why Cities?」での“問いかけ”から、今年は〈都市=集い〉の価値観を捉え直す積極的な“行為”でありたいという思いを込めました。近年東京芸術祭ファームが取り組んできたオンラインを活用した国際的なプログラムの成果発表を見ても、オンラインの目的や役割が“情報や時間の共有”から“行為や体験の創出”へ変わっているのを実感します。集まらなくてもできることは今後ますます増え、これまでの価値観を手放すならば、もはや都市に集う必要は無い〈都市≠集い〉が前提なのかもしれません。それでも都市が果たせる役割は多様性の担保ではないでしょうか。受け入れる量ではなく幅によって誰もが存在し集まることができる機能には、これからの都市の可能性を感じています。
今年のプログラムでは、国際クリエーションのチームを2チームに増やしフィールドやバックグラウンドの異なるメンバーでの様々な協働の可能性にトライします。
2ヶ月にわたるオンラインアートキャンプはアジアから参加者を公募し、日本国内からは国際クリエーション現場のアシスタント・インターンや一部プログラムへのビジター参加も可能です。学生対象の教育普及プログラムにもご期待ください。そしてガイドラインに基づき、ハラスメントの防止やセーフスペース作り、舞台芸術の環境作りに取り組みます。
先の見えないまま進む2020年代、ならば見たい未来を自分たちで作る、東京芸術祭ファームはそのための場所です。ぜひ、お集まりください。

2022年6月
東京芸術祭ファームディレクター 多田淳之介

新しい共存と協働の場へ向けて
常識(共通感覚、common sense)が大きく変わりつつあります。アートの現場に限っても、これまで当たり前だと思われていた感覚や考えが通用しなくなってきています。かつて有効だったやり方が、機能しないばかりか、害を与え始めています。それらはおそらくこれまでも無害だったわけではないのですが、なんとなく見過ごされていたのが、いまでは明らかに人を傷つけたり、何かを破壊するだけのものになっています。
こうした感覚の変化はパンデミック以前から始まっていました。それがこの2年半に及ぶ行動様式と価値観の根底的な「洗い直し」でより明確になったのだと思います。
この2年半の間にわたしたちが経験してきたのは、新しいことの学習というよりも、知らぬ間にすでに身につけてしまっていたものの「脱学習」、アンインストールだったのだといえます。これまで無自覚に、無批判に、享受し行使してきたものに、いったいどんな価値があったのか/なかったのか、いったん体から抜き、解きほぐし、検証し直す時間でした。そのうえであらためて、フェアで、みなの幸福につながるような集団創作や協働の形を、自分たちの手でどのようにして作るのか。他者との共存と交流の象徴としての都市を、どうやって再発見・再構築するのか(する必要があるのか?)。今年のテーマ「都市をほぐす/Unlearning Cities」に、わたしはそんな期待を込めています。
東京芸術祭ファームは、社会全体の大きな変わり目にあって、従来のやり方への違和感と変化への期待をもつ人が集まって、土を耕し、種を蒔き、苗を育てるための場です。われこそはと思う人はぜひ参加してください。

2022年6月
東京芸術祭ファーム共同ディレクター 長島確

東京芸術祭ファーム2022 ラボ 参加者募集中のプログラム

(2022年6月23日更新)
※応募資格等の詳細は、必ず募集要項をご確認ください

Farm-Lab Exhibition

・セリーナ・マギリュー演出作品
募集内容:日本国内を拠点に活動する35歳以下の出演者(使用言語:日英※通訳有)
募集要項(PDF) 応募フォーム 【6月27日(月)17:00 JST〆切】

・y/n(橋本清+山﨑健太)演出作品
募集内容:日本以外のアジアを拠点に活動する35歳以下の出演者(使用言語:日英※通訳有)
募集要項(PDF) エントリーフォーム 【6月27日(月)17:00 JST〆切】

Asian Performing Arts Camp(オンライン)

募集内容:アジアを拠点に活動する35歳以下のアーティスト等(使用言語:英)
募集要項(PDF) 応募フォーム 【6月27日(月)17:00 JST〆切】

クリエイティブインターン

募集内容:日本を拠点に活動する18~35歳のアーティスト等(使用言語:日)
募集要項(PDF) 応募フォーム 【7月7日(木)17:00 JST〆切】

アートトランスレーターアシスタント

募集内容:日英通訳ができる語学力がある18歳以上の方(使用言語:日英)
募集要項(PDF) ※募集終了

ファーム編集室 アシスタントライター

募集内容:ファーム編集室 アシスタントライターとして活動したい18~35歳の方(使用言語:日)
募集要項(PDF) エントリーフォーム 【6月27日(月)17:00 JST〆切】

制作アシスタント

募集内容:日本国内を拠点に活動する18~35歳の舞台制作経験者(使用言語:日)
募集要項(PDF) ※募集終了

・7月上旬募集開始(予定):Open Farm Visitor
「ラボ」の一部プログラムをスポットで見学・傍聴できる登録制のプログラムです。長期間のプログラムへ参加することが難しい場合等は、こちらへの参加もぜひご検討ください。

上記以外のプログラムについての続報は今後、東京芸術祭Webサイトにてお知らせします。

オンライン説明会のスケジュール

東京芸術祭YouTubeチャンネルにて配信

「東京芸術祭ファーム2022」説明会
日時:6月6日(月) 20:00~21:00
スピーカー:東京芸術祭ファームディレクター 多田淳之介、東京芸術祭ファーム共同ディレクター 長島確
使用言語:日本語(通訳なし)

「Asian Performing Arts Camp」募集説明会
日時:6月7日(火) 20:00~21:00
スピーカー:Asian Performing Arts Camp ファシリテーター 山口惠子&ジェームズ・ハーヴェイ・エストラーダ 、制作担当者
使用言語:英語(通訳なし)

「クリエイティブインターン」「制作アシスタント」募集説明会
日時:6月8日(水) 20:00~21:00
スピーカー:東京芸術祭ファームディレクター 多田淳之介、東京芸術祭ファーム共同ディレクター 長島確、制作担当者
使用言語:日本語(通訳なし)

「ファーム編集室 アシスタントライター」募集説明会
日時:6月9日(木) 20:00~21:00
スピーカー:ファーム編集室 室長 鈴木理映子、制作担当者
使用言語:日本語(通訳なし)

「アートトランスレーターアシスタント」募集説明会
日時:6月10日(金) 20:00~21:00
スピーカー:コミュニケーションデザインチーム(Art Translators Collective)、制作担当者
使用言語:日本語(通訳なし)

コミュニケーションデザインについて

東京芸術祭ファームでは、国や文化等の異なるメンバーが集まる国際協働の現場において、その出自や立場に関わらず参加者全員が安心して創作に挑める環境を整えるため、企画の段階からコミュニケーションデザインチームがプログラム設計に関わっています。

2022年度コミュニケーションデザインチーム
Art Translators Collective
チーフ:田村かのこ
メンバー:山田カイル、水野響、春川ゆうき、森本優芽、植田悠

取り組みの一部

東京芸術祭ファーム ラボ ガイドラインの導入、整備

差別やハラスメントなどの人権侵害の発生を防止するためのガイドラインを制定し、東京芸術祭ファーム ラボに関わるすべての人にその遵守をお願いしています。また、ガイドラインの内容は毎年見直し、より良いガイドラインの制定に努めています。

希望するジェンダー代名詞の確認、ジェンダーアイデンティティの尊重

ミスジェンダリング*を防ぐため、昨年から応募フォームには自分が使って欲しい代名詞(代名詞を希望しない場合には名前等)を記述式で書き込めるようにしています。創作期間中も、それぞれの代名詞を尊重するために、知識と意識の共有を徹底していきます。

*本人が自認するジェンダーと異なる取り扱いをする差別行為(例:見た目で性別を憶測して判断した人称代名詞や敬称を相手に用いる)

言語やコミュニケーションの多様性を尊重したアート・トランスレーション

アジアの国々からの参加者が集まる東京芸術祭ファーム内でのコミュニケーションには、共通語として「英語」が用いられますが、土地や文化により英語のあり方も多様です。コミュニケーションデザインチームは、それぞれの話す英語を尊重し、英語が流暢な人もそうでない人も対等に話せるような環境を設計し、言語の変換にとどまらない通訳・翻訳を行います。また、文化の違い等によりコミュニケーションの取り方も様々です。一つの文化マナー(たとえば日本の常識)に人々を従わせるのではなく、それぞれの持ち寄る観点からこの場に必要なコミュニケーションのあり方を探っていきます。

学習機会の提供

以上の取り組み等について、参加者が事前に必要な知識をつけるためのガイダンスやレクチャー、ワークショップを実施します。

スタッフ

東京芸術祭ファームディレクター 多田淳之介

1976年生まれ。演出家。東京デスロック主宰。古典から現代戯曲、ダンス、パフォーマンス作品まで幅広く手がけ、現代社会に於ける当事者性をアクチュアルに問い続けている。子どもや演劇を専門としない人との活動、韓国、東南アジアとの海外コラボレーションも多数手がけ、演劇の協働力を基にボーダーレスに活動する。2010年より富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督に公立劇場演劇部門の芸術監督として国内歴代最年少で就任、3期9年間務める。2014年『가모메 カルメギ』が韓国の第50回東亜演劇賞演出賞を外国人として初受賞。青年団演出部。四国学院大学、女子美術大学非常勤講師。

東京芸術祭ファーム共同ディレクター 長島確

ドラマトゥルク。大学院在学中、ベケットの後期散文作品を研究・翻訳するかたわら、字幕オペレーター、上演台本の翻訳者として演劇の現場に関わる。その後、日本におけるドラマトゥルクの草分けとして、様々な演出家や振付家の作品に参加。近年は劇場の発想やノウハウを劇場外に持ち出すことに関心をもち、アートプロジェクトにも積極的に関わる。著書に『アトレウス家の建て方』、訳書に『新訳ベケット戯曲全集』(監修・共訳)ほか。フェスティバル/トーキョー18〜20ディレクター。東京藝術大学音楽環境創造科特任教授。

Farm-Lab オフィス
合同会社syuz’gen
チーフマネージャー:植松侑子
制作統括:谷陽歩
制作:前原拓也、古川真央、寺田凜、江口正登、大川智史、宮原叶、水戸亜祐美
広報:ユカワユウコ
バックオフィス:河村美帆香、染谷日向子

コミュニケーションデザインチーム
Art Translators Collective
チーフ:田村かのこ
メンバー:山田カイル、水野響、春川ゆうき、森本優芽、植田悠

東京芸術祭実行委員会
ファーム事務担当:室内直美

主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)、東京都〕

助成:令和4年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業

協賛:アサヒグループジャパン株式会社

東京芸術祭ファーム 前身となるプログラムのアーカイブはこちら

・Farm-Lab Exhibition, Asian Performing Arts Camp
APAF アーカイブサイト

・The City & The City: Mapping from Home, 制作インターン, ダイアローグ・プラス
F/T20プログラムページ
F/T20ダイアローグ・ネクスト ドキュメント

・学生観劇プログラム
東京芸術祭2020 学生のための観劇プログラム 特設サイト

東京芸術祭ファーム SNS

問い合わせ

Farm-Lab オフィス
03-4213-4293(平日10時~19時)
farm@tokyo-festival.jp