直轄プログラム FTレーベル

くらしチャレンジ(大人とこどものための戯曲集)

  • アートプロジェクト

Photo by 金川晋呉

*参加費:無料(会期中、一部事前申込が必要なプログラムが含まれる可能性あり)
*参加方法・予約有無については後日発表

プロジェクトメンバー
阿部健一(ドラマトゥルク・地域計画研究者)、有吉宣人(俳優・ワークショップファシリテーター)、小野晃太朗(劇作家)、齋藤優衣(デザイナー)

としま発、演劇あそびを体験しよう 

地域に根ざしたリサーチを重視する劇団活動と、地域計画を専門とする学術研究という2つのバックグラウンドをもつ阿部健一がディレクションする戯曲プロジェクト。過去2年にわたってアートプロジェクト『移動祝祭商店街』に参加し、豊島区内のまちの人々との間に培ってきた関係をもとに、今回は区内で実際に生活しながらリサーチを実施。まちの生活や風景をベースに、公園や家庭などで、こどもから大人までが気軽に演じてみることのできる、都市生活の「練習」「提案」となるような短編戯曲集を作成する。
また、実演動画の発信、体験ワークショップの実施、まちのリサーチに関連する展示をあわせておこない、この戯曲集を手に入れた人が、それをもとにさまざまに楽しめる仕組みを作る。

プロフィール

Photo:AKIKO KOMATSU

阿部健一

1991年、東京都出身。uni代表・演出。ドラマトゥルク。千葉大学大学院園芸学研究科博士後期課程。
2010年、日本大学芸術学部在学中にuni(元・演劇活性化団体uni)を立ち上げ、非劇場空間での演劇活動をはじめる。2013年頃からまちを舞台に、地域の方への取材やフィールドワークを軸とした演劇創作を練馬区中心に展開。環境と身体、時間と存在の間に立ち現れるものをテーマに、演劇とまちを横断して活動している。近年は「移動祝祭商店街 歩く庭」(東京芸術祭2021)や「地域の物語2021」(世田谷パブリックシアター)など、まちと関わるプログラムの構成やリサーチにも携わる。
また、大学院で地域計画学を専攻し、パフォーミングアーツの観点からまちづくりや公共空間に関する研究をおこなっているほか、住民参加のまちづくりやプランニングの現場にも携わる。

上演スケジュール

期間:10月下旬〜11月中旬 予定

言語

日本語

チケット情報

*参加費:無料(会期中、一部事前申込が必要なプログラムが含まれる可能性あり)
*参加方法・予約有無については後日発表

ご来場にあたっての注意事項

新型コロナウィルス感染拡大防止の対策を講じたうえで、本公演を開催いたします。
ご来場の際は必ず東京芸術祭WEBサイト内の下記ページをご覧ください。

▶東京芸術祭コロナ対策ページ

・マスクの常時着用をお願いいたします。
・37.5度以上の発熱がある方や体調不良が認められる方等は当日ご入場をお断りする可能性がございます。予めご了承ください。

スタッフ

制作:葦原円花、嶋田敬介、金井美希(NPO法人アートネットワーク・ジャパン)

主催クレジット

主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団
  (東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)、東京都〕
助成:令和4年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
協賛:アサヒグループジャパン株式会社

お問い合わせ

東京芸術祭実行委員会事務局
『くらしチャレンジ(大人とこどものための戯曲集)』制作オフィス(NPO 法人アートネットワーク・ジャパン内)
03-5961-5200 (平日 11 :00〜17 :00) openair-tf@anj.or.jp (担当:嶋田・金井・葦原)

RECOMMEND