Tokyo Festival Program

ロロ『Every Body feat. フランケンシュタイン』

by ロロ

  • オンラインプログラム
  • 演劇
上演+オンライン

日程:10月9日(土) 〜10月17日(日) アーカイブ配信:10月31日(日)~11月30日(火)(予定)※チケット発売など詳細は後日発表

場所:東京芸術劇場 シアターイースト

言語:日本語、英語字幕(アーカイブ配信時のみ)

原案:メアリー・シェリー「フランケンシュタイン」
脚本・演出:三浦直之(ロロ)

出演:
亀島一徳
篠崎大悟
島田桃子
望月綾乃
森本華
(以上、ロロ)

緒方壮哉(libido:)
関彩葉
名児耶ゆり
日高啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
松本亮

死者をパッチワークしながら生きる「怪物」。その正体は──


古今東西のポップカルチャーをサンプリングし、「ボーイ・ミーツ・ガール=出会い」の物語世界を立ち上げる劇団ロロ。高校演劇活性化を目指した『いつ高』(2015〜)シリーズなど、若者たちの賑やかな喧騒、瑞々しい心模様を描いてきた彼らが、メアリー・シェリーのゴシック小説『フランケンシュタイン』を大胆に翻案、シリアスな新境地に臨む。 死者のパッチワークから生み出された怪物は「悪しき存在」だったのか。創造主・フランケンシュタイン博士の罪、皮膚のつなぎ目が露呈する死者と生者の曖昧さに迫るロロ版『フランケンシュタイン』。そこに息づく「怪物」の正体とは──。


上演スケジュール

10/9

(土)

10/10

(日)

14:00 ⚫️
19:00 ⚫️ ⚫️

 

 

10/11

(月)

10/12

(火)

10/13

(水)

10/14

(木)

10/15

(金)

10/16

(土)

10/17

(日)

14:00 休演 ⚫️ ⚫️
19:00 ⚫️ 休演 ⚫️ ⚫️ ⚫️ ⚫️

上映時間:約120分
受付:開演1時間前
開場:開演30分前

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
新型コロナウィルス感染拡大防止の対策を講じたうえで、本公演を開催いたします。ご来場の際は必ず東京芸術祭WEBサイト内の下記ページをご覧ください。
▶東京芸術祭コロナ対策ページ

・マスクの常時着用をお願いいたします。
・37.5度以上の発熱がある方や体調不良が認められる方等は当日ご入場をお断りする可能性がございます。予めご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

アクセシビリティ

英語字幕(アーカイブ配信時のみ)
・障害者割引
・車椅子席
・託児施設
※詳細は東京芸術劇場託児サービス情報をご覧ください
https://www.geigeki.jp/access/support.html

チケット情報

【チケット発売日】
・先行割引:2021年8月25日(水) 10:00~8月28日(土) 23:59
・一般発売:2021年8月29日(日) 10:00

【チケット料金】
<自由席(整理番号付)・税込>
・先行割引:2,800円
・一般前売:4,000円
・25歳以下:2,600円
・高校生以下:1,000円
・障害者割引:3,600円(付添1名まで同料金)
※当日券は一般前売料金に+500円
※25歳以下・高校生以下・障害者割引は前売・当日券共通(要証明書、障害者手帳提示)

<アーカイブ配信>
※詳細は後日発表

【注意事項】
・未就学児童の入場はお断りします。
・万が一来場者から感染者が発生した場合の緊急連絡先をお聞きするため、チケットのお申し込みはお一人様1公演につき1枚までとさせていただきます。
・25歳以下ならびに高校生以下チケットは引換券となります。ご観劇当日受付にて年齢の確認できる証明書(免許証・健康保険証など生年月日の記載のある公的書類)もしくは学生証の提示が必要です(お忘れの場合、一般前売料金との差額を申し受けます)。※チケットの引換時間は『開演1時間前~10分前まで』です。
・障害者手帳をお持ちの方は障害者割引料金でご覧いただけます。詳細については、東京芸術祭実行委員会事務局までお問合わせください。
・障害者割引チケットは引換券となります。ご観劇当日受付にて障害者手帳の提示が必要です(お忘れの場合、一般前売料金との差額を申し受けます)。※チケットの引換時間は『開演1時間前~10分前まで』です。
・車いすで観劇をご希望の方は、東京芸術祭実行委員会事務局までお問合わせください。
・車いすでご来場の場合、開演5分前を目安にスタッフが劇場内へご案内いたします。『開演10分前まで』に劇場入口の受付へお越しください。
・チケットの払戻し、観劇日時の変更はできません。

【チケット取扱いプレイガイド】
・東京芸術祭チケットセンター https://tokyo-festival.jp/2021/ticket/
・東京芸術劇場ボックスオフィス https://www.geigeki.jp/t/
 TEL 0570-010-296(10:00-19:00(休館日を除く)※窓口販売あり
・チケットぴあ https://t.pia.jp/
 TEL 0570-02-9999(Pコード:508-085)
・イープラス https://eplus.jp/tokyo-festival2021/
・カンフェティ 
【日本語】 http://confetti-web.com/tokyo_festival_2021
【英語】 http://confetti-web.com/tokyo_festival_2021_en
 TEL 0120-240-540(平日10:00-18:00)

会場

東京芸術劇場 シアターイースト

プロフィール

撮影:三上ナツコ

三浦直之(みうら・なおゆき)

ロロ主宰。劇作家。演出家。2009年、主宰としてロロを旗揚げ。「家族」や「恋人」など既存の関係性を問い直し、異質な存在の「ボーイ・ミーツ・ガール=出会い」を描く作品をつくり続けている。古今東西のポップカルチャーを無数に引用しながらつくり出される世界は破天荒ながらもエモーショナルであり、演劇ファンのみならずジャンルを超えて老若男女から支持されている。ドラマ脚本提供、MV監督、ワークショップ講師など演劇の枠にとらわれず幅広く活動。『ハンサムな大悟』で第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品ノミネート。2019年脚本を担当したNHKよるドラマ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』で第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞脚本賞を受賞。

撮影:三上ナツコ

ロロ

劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団。2009 年結成。古今東西のポップカルチャーをサンプリングしながら既存の関係性から外れた異質な存在のボーイ・ミー
ツ・ガール=出会いを描き続ける作品が老若男女から支持されている。15 年に始まった『いつ高』シリーズでは高校演劇活性化のための作品制作を行うなど、演劇の射程を
広げるべく活動中。主な作品として『LOVE02』(12 年)、『ハンサムな大悟』(15 年)、『はなればなれたち』(19 年)、『四角い2 つのさみしい窓』(20 年)など。『ハンサムな大悟』は第60 回岸田國士戯曲賞ノミネート。
http://loloweb.jp/

原案:メアリー・シェリー「フランケンシュタイン」
脚本・演出:三浦直之(ロロ)
振付:岩渕貞太
美術:杉山至 新海雄大
照明:木藤歩
音響:池田野歩
衣裳:伊賀大介
舞台監督:湯山千景 大刀祐介
演出助手:中村未希
演出部:山道弥栄(木ノ下歌舞伎)
イラスト:我喜屋位瑳務
デザイン:佐々木俊
制作助手:大蔵麻月(libido:)
制作:奥山三代都(ロロ)、坂本もも(ロロ)、鈴木千尋(東京芸術祭)

主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)〕

助成:令和3年度文化庁国際文化芸術発信拠点形成事業

問い合わせ

東京芸術祭事務局
TEL: 050-1746-0996(平日10〜18時)