APAF(エーパフ) 制作運営委託 企画コンペのご案内(公募)

  • ニュース
  • プレスの方へ

東京芸術祭実行委員会では、2020年度のAPAF(エーパフ)を運営するにあたり、運営全体のパートナーとなる団体を募集します。

※募集を締め切りました。ご応募ありがとうございました(2020.02.14更新)

募集事業の概要

〇概要
APAF2020は主に次の3つのプログラムから成ります。
(1)APAF Exhibition(エーパフ・エキシビジョン)
アジア地域の演出家及び俳優らが東京で共同制作を行うもの。
(2)APAF Lab.(エーパフ・ラボ)
アジアの演出家、振付家、ドラマトゥルクらが講座やフィールドワーク、ディスカッションなどを重ねる合宿形式の教育プログラム。東南アジアと東京の2か所で各1週間程度行います。アジア全域に公募。
(3)Young Farmers Camp(ヤングファーマーズキャンプ)
上記(1)(2)の創作過程の見学や、東京芸術祭演目の観劇等を通じて、国際的な創作の現場感覚を養います。日本国内から若手アーティストを公募。

〇契約期間
2020年4月1日から2021年3月31日まで

〇委託に要する提示額
2,520万円(消費税込み。会場使用料などを除く)
※仕様書、事業計画書、委託条件書などをご確認ください。

応募資格

法人格を有し、国際共同制作公演や人材育成事業等の実施実績がある団体(過去3年間以内)

決定までの流れ

2月 7日(金) 質問締め切り
2月10日(月) 質問回答
2月13日(木) 応募届の提出締切
2月20日(木) 企画案等の提出締切
2月25日(火) コンペ
同日 決定
※詳細は実施要領をご確認ください。

資料

ファイル名をクリックするとPDFがダウンロードできます

01_APAF2020委託仕様書

02_仕様書別添1事業計画

03_仕様書別添2委託条件書

04_APAF委託_企画コンペ実施要領

 

お問合せ

東京芸術祭実行委員会事務局 APAF事務担当:石戸谷(いしとや)
電話:03-6256-8431(アーツカウンシル東京企画助成課 平日10時から18時)
メール:apaf@artscouncil-tokyo.jp

pagetop