【アフリカ】シャルル・ノムウェンデ・ティアンドルベオゴ

『たびたび罪を犯しました』
10月30日 (水) 15:30 / 19:30
東京芸術劇場 シアターウエスト

©DennisbYulov

「仮面」を通じて蘇る、運命を逆転させたい亡霊たち アフリカの文化の根源と現代をつなぐフィジカル・シアター

多少なりともマシな生活を夢見る墓守。墓場で死者を呼び出す儀式を行うと、さまざまな霊が彼に取り憑いてくる。霊たちはみな、地上にいたときには大きな影響力を持つ人物だったらしい。汚職、血塗られた権力闘争、ジェノサイド……野心と物欲に導かれ、それぞれに悪事を働いた霊たちは、墓守の体を借りて生前の汚名を返上しようとする。現代アフリカの病理をえぐり出す一人芝居。


コンセプト・演出・舞台美術・キャスティング・ドラマトゥルク:シャルル・ノムウェンデ・ティアンドルベオゴ

推薦人:キラ・クロード・ガンガネ (ワガドゥグ国際演劇・人形劇祭ディレクター│ブルキナファソ)

推薦人プロフィール

シャルル・ノムウェンデ・ティアンドルベオゴ

©DennisbYulov

スイスのディミトリ演劇学校でフィジカルシアターを学び、演劇学の修士号を取得。「アフリカの仮面をいかにして演劇に利用するか」というテーマを探求してきた。2017年の研究発表に続き、2018年6月にその実践として一人芝居『たびたび罪を犯しました』を上演。
近代的な教育システムや新たな宗教の流入により危機に瀕しているアフリカの文化遺産を、演劇の手法を用いて支えることができないか、試行錯誤をつづけている。
http://www.nomwendecharlestiendredrebeogo.ch

作品クレジット

コンセプト・演出・舞台美術・キャスティング・ドラマトゥルク:シャルル・ノムウェンデ・ティアンドルベオゴ
マスク製作:コレット・ロワ
アーティスティックコラボレーション:アナ・クーフ
音楽:エリア・モレッティ
照明デザイン:クリストフ・ジーゲンターラー
マスク製作協力:エアハルト・シュティーフェル
字幕翻訳:齋藤 啓

上演スケジュール

日時:10月30日 (水) 15:30 / 19:30

会場:東京芸術劇場 シアターウエスト

※受付開始・開場は開演の40分前

上演言語:英語 (日本語字幕つき)
上演時間:約70分 (休憩なし)

チケット

<セット券> 先行発売期間 9月1日 (日) 10:00 ~ 9月14日 (土) 23:59 *販売終了

料金【全席指定・税込】
・2演目セット券:前売 4,000円(先行発売期間のみ)
・6演目セット券:前売 9,600円(先行発売期間のみ)

 

<単券> 発売開始 9月15日 (日) 10:00

料金【全席指定・税込】
・前売り:2,500円
・当日:3,000円
・障害者割引:2,250円 (前売りのみ)

※未就学児童は入場不可
※障害者割引は前売のみ、東京芸術劇場ボックスオフィス電話・窓口のみ受付
※車椅子で観劇をご希望の方は東京芸術劇場ボックスオフィスまでお問い合わせ
ください。

■東京芸術祭チケットセンター https://tokyo-festival.jp/2019/ticket/
※インターネットでのチケット購入には、芸劇メンバーズへの登録(無料)が必要

■東京芸術劇場ボックスオフィス
【窓口】 10:00~19:00 (東京芸術劇場1階/休館日を除く)
【電話】 0570-010-296 (ナビダイヤル) / 10:00~19:00 (東京芸術劇場休館日を除く)

■チケットぴあ: 0570-02-9999 (24時間・音声自動応答)
http://t.pia.jp/

会場

東京芸術劇場 シアターウエスト

TEL:03-5391-2111
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分
駅地下通路2b出口と直結

主催

東京芸術祭実行委員会 [豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、フェスティバル/トーキョー実行委員会、公益財団法人東京都歴史文化 財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)]

お問合せ

東京芸術祭ワールドコンペティション事務局
competition@tokyo-festival.jp

    pagetop