東京芸術祭 2017

  • HOME
  • NEWS
  • 東京芸術祭2017プレイベント レポート - 南池袋公園に謎のスイッチ&ゴリラ現る!

2017.10.17

東京芸術祭2017プレイベント レポート - 南池袋公園に謎のスイッチ&ゴリラ現る!

東京芸術祭2017は、開幕から間もなく1ヶ月を向かえます。
12月4日の閉幕まで、まだまだ演目・イベントは盛りだくさん。みなさんは、いつどの演目をみるか決めましたか?
「うっかり見逃した〜!」なんてことにならないようご注意くださいね(「スケジュール」より全演目の上演期間が確認できますよ!)。

開幕の1週間前、9月16日(土)には「東京芸術祭2017プレイベント」が開催されました。
当日は、生憎の雨&台風も心配…ということで、一部プログラムを変更してのお届けとなりましたが、たくさんの方にご来場いただきました。
大盛況のプレイベントをレポートします!

 

▶としまテレビ「としま情報スクエア」生放送にゴリラ出現!?


大迫力のゴリラ & 素敵な笑顔の女性を発見!
こちらのお2人の正体は、プレイベントでパフォーマンスをするアーティスト、快快(FAIFAI)の山崎皓司さん(写真左・ゴリラ)とスイッチ総研 所長・光瀬指絵さんです。
お2人は、開催当日の11時から放送されたとしまテレビ「としま情報スクエア」に生出演!
バッチリ東京芸術祭とそれぞれのパフォーマンスの魅力を伝えてくださいました。
生放送を収録した豊島区役所内のスタジオから、プレイベント会場の南池袋公園まではすぐ!
さてさて、南池袋公園に向かいます。

 

▶南池袋公園内は東京芸術祭1色…、もとい2色!


南池袋公園北側(池袋駅側)の入り口から公園に入ると、大きなバナーが!
早速“東京芸術祭”を発見です。
今年の東京芸術祭カラーは、インパクト大の“ピンク”と“ターコイズ”の2色。
チラシはもちろん、看板やスタッフのTシャツもピンクとターコイズに統一され、会場内は東京芸術祭色にしっかり染まっていました。
東京芸術カラーの他にもみなさまにご注目頂きたいのが、バナーにも大きくプリントされているこちら。

ロゴマークのこの形、種のようにも見えますが……。みなさんには何に見えますか?
実は、こちら「舞台を照らすスポットライト」がモチーフとなっているんです。
会場内では、そんなロゴマークにちなんだとっておきのグッズが配布されていました!

 

▶大人気!かわいいイラストのフォトスポット


入り口正面の芝生エリアには、何やら人だかりが…!
こちらは、キュートでポップなキャラクターと一緒に写真を撮ることができるフォトスポットとなっていました。
こちらのキャラクターたちを生み出したのは、イラストレーターの村田エリーさん。キャラクターたちとは、東京芸術祭2017の総合リーフレットの中面でも会うことができます。
総合リーフレットをお手に取った際は是非、ご覧ください。
そして、ここで撮影した写真をハッシュタグ「#東京芸術祭」をつけてSNSに投稿、本部テントでスタッフへ投稿を提示すると……

なんとこちらの、LEDライト付き東京芸術祭ボールペンをもれなく配布していました。
まさに、ロゴマークのモチーフがスポットライトである東京芸術祭にピッタリの一品です。
SNSにはハッシュダグ「#東京芸術祭」で、当日投稿された写真がたくさんアップされています。是非「#東京芸術祭」で検索してみてくださいね。

 

▶東京芸術祭の情報がぎっしり。限定サコッシュをGET


公園内を見回してみると、東京芸術祭のロゴマークがプリントされた肩掛けカバンを持っている人を発見!
どうやら、スタッフだけではなく一般来場者も持っている模様……。
こちらは、プレイベント完全限定で配布されている“サコッシュ”。
中を覗いてみると、東京芸術祭の情報(リーフレットやチラシ)がぎっしり!
東京芸術祭の情報がバッチリ詰まっていました。
GETしたあなたは、東京芸術祭マスターになれたはず!?

 

▶ついにパフォーマンス開始。ゴリラ、南池袋公園に現る

南池袋公園の芝生で涼しくのんびりしていると、向こうから何やら黒い影が……。

ついにゴリラ現る!美女を伴って、インパクト抜群の登場です。
こちらは、快快(FAIFAI)によるパフォーマンス『GORILLA 's Speech』。
ミニセグウェイに乗って、ぐるっと公園を一周した彼らは芝生の中央に降り立つと、演説開始!






歌あり、人あり、お子様の参加(!)あり!
観客も巻き込んで、楽しいステージとなりました。

 

▶池袋博士になれちゃう!?スイッチ総研はコンプリート必至!

最後は、スイッチ総研による『東京芸術祭スイッチ2017』。
何やら、白い台が公園の各所に設置されています。

指示の通りに広げてみると、どこからともなく俳優さんが現れました。






スイッチを押した観客を巻き込んで、繰り広げられる3〜30秒の演劇。公園に設置されたスイッチの数だけ、ストーリーが存在します。これは全部コンプリートしなくては!
南池袋公園から見上げることができる豊島区庁舎、東京芸術祭リーフレット、公園内のカフェのオススメメニュー、南池袋公園の植物…などなどがクローズアップされたストーリーが公園内に散りばめられ、パフォーマンスと池袋の情報と二度美味しい(!)参加型パフォーマンスでした。

 

▶東京芸術祭2017はまだまだ続きます

パフォーマンスはもちろん、東京芸術祭をまるごと味わえるプレイベント、ご来場いただいたみなさま、都心ながら芝生の公園でパフォーマンスとともに素敵な休日をお過ごしいただけたでしょうか。
池袋のみなさまにご参加いただき、まさしく池袋で展開する東京芸術祭にふさわしいプレイベントとなりました。
東京芸術祭は、まだまだ池袋と共にパワーアップして参ります!

プレイベントが開催された、“都会のオアシス”南池袋公園では、この後10月22日(日)に「大田楽 いけぶくろ絵巻」が開催されます。
こちらも、予約不要・入退場自由・観覧無料のプログラムです。
他にも、東京芸術祭では12月4日まで様々な魅力的なプログラムをご用意しています。
みなさまお誘い合わせの上、是非ご来場くださいませ!

東京芸術祭2017Webサイトでは、今後もトークプログラムなどレポートしていきます。
次回もお楽しみに!

 

【関連リンク】

◎ 大田楽 いけぶくろ絵巻

◎ スイッチ総研

◎ 快快 - faifai-web