東京芸術祭 2018

  • HOME
  • NEWS
  • 《Only in Japanese》11/4(日) 19時 "つながる"プログラム トークセッション 第三回【世代】 開催!

2018.11.03

《Only in Japanese》11/4(日) 19時 "つながる"プログラム トークセッション 第三回【世代】 開催!

 

東京芸術祭2018 "つながる"プログラム トークセッション
第三回【世代】
「空は翼によって測られる」「アダルト版ユメミルチカラ」

東京芸術祭2018のコンセプトのひとつ、"つながる"プログラムについてのトークシリーズ。第三回は、11月4日(日)19時から、東京芸術劇場地下1階のアトリエウエストにて、「空は翼によって測られる」「アダルト版 ユメミルチカラ」の参加メンバーが【世代】をテーマに語ります。 

「空は翼によって測られる」2017年公演 撮影:猪熊康夫(「空は翼によって測られる」2017年公演 撮影:猪熊康夫)

第三回の"つながる"テーマは【世代】。 
東京芸術祭 直轄プログラムでは、SPAC-ENFANTS(静岡県の中高生のダンスかんぱにー)が出演する「空は翼によって測られる」、over55の女性ダンサーたちが出演する「アダルト版 ユメミルチカラ」と、多様な世代が参加するプログラムを上演! 両作の振付・演出を手がけるメルラン・ニヤカムと振付アシスタント 太田垣悠に加え、「空は翼によって測られる」出演の10代のアーティスト永田茉彩が、【世代】という視点から両作を振り返るトークセッションを行います。 

●登壇者:

・「空は翼によって測られる」「アダルト版ユメミルチカラ」振付・演出
メルラン・ニヤカム
(通訳:横山義志(東京芸術祭直轄事業ディレクター/SPAC-静岡県舞台芸術センター文芸部)) 

・「空は翼によって測られる」出演(SPAC-ENFANTS メンバー) 
永田茉彩 

・「空は翼によって測られる」「アダルト版ユメミルチカラ」振付アシスタント
太田垣悠 


《入場無料/申込不要》

●日程:
11/4(日) 19:00 〜 20:00
※18:45 受付開始・開場 

●会場:
東京芸術劇場 アトリエウエスト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1 B1
※JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結しています。


東京芸術祭コンセプト
http://tokyo-festival.jp/2018/about/


◯プロフィール

メルラン・ニヤカム Merlin Nyakam
 振付家、ダンサー、歌手、俳優、ラ・カルバス・カンパニー主宰(Compagnie La Calebasse)。アフロ・コンテンポラリーダンスを牽引するアーティストの一人。西洋的な枠組にとらわれず、アフリカ内外の多様な文化に関する知見をもとに、より自由で、より多くの人を巻き込めるようなダンスの形態を探求している。
 14歳でカメルーン国立舞踊団に入団、16歳で首席ダンサーとなり、各地の伝統舞踊を学ぶ。1990年にラ・カルバス・カンパニーを立ち上げ、91年金の穂賞、最優秀ダンサー賞などを受賞。92年よりフランスに拠点を移し、クラシック・バレエ、ジャズダンス、ヒップホップなどを学んで、フランスで絶大な人気を誇るモンタルヴォ・エルヴュ・カンパニーの多くの作品で強烈な印象を残す。振付家としても活躍し、代表作の『遊べ! はじめ人間』は「Shizuoka春の芸術祭」(2007年、08年)でも上演された。14年には、20年ぶりに母国カメルーンで『ダンシング・アフリカ』を創作し「ふじのくに野外芸術フェスタ2015」で上演、アフリカでの活動も増えている。10年よりSPAC-ENFANTSプロジェクトを手がける。

SPAC-ENFANTS(スパカンファン) ※永田茉彩が2012年より参加
 SPAC-ENFANTS(スパカンファン、ENFANTS=フランス語で「子どもたち」の意味)はオーディションで選ばれた静岡県の中高生と共に新しい舞台を創造する、SPAC - 静岡県舞台芸術センターによる国際共同製作プロジェクト。フランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカムを迎え、世界に通用するメッセージを持ったダンス作品を目指し、2010年より始動。プロジェクト第一作目の『ユメミルチカラ/タカセの夢』は、「ふじのくに⇄せかい演劇祭」ほか国内各地での公演や、ニヤカムの故郷カメルーンなど海外公演も実現。
 二作目となる『ANGELS』は15年に創作を開始。16年、17年に静岡での公演を経てさらに磨きをかけ、この度『空は翼によって測られる』として満を持して東京芸術祭に登場。

太田垣悠(おおたがき・ゆう)
9歳よりバレエをはじめ、15歳で単身渡仏。リヨン国立高等コンセルヴァトワールを卒業後、リヨンオペラ座バレエ団やスイスのグラン・テアトル・ドゥ・ジュネーブで10年以上にわたり幅広い作品を踊る。2016年よりフリーとして様々な振付家の作品を踊るかたわら、フランスのダンス教師国家資格を生かしプロ、アマチュアにコンテンポラリーダンスやバレエを教える。17年に帰国後、SPAC-ENFANTSプロジェクトにて振付アシスタント・通訳を務める。