東京芸術祭 2018

今週のピックアップ

コラム

【直轄プログラム】舞台『珈琲時光』について|鳴海康平(第七劇場 代表 演出家)

小津安二郎生誕100周年記念として松竹配給で製作され、2004年に公開された映画『珈琲時光』へのオマージュとなる舞台『珈琲時光』について